きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

星組 礼真琴と舞空瞳 それぞれの魅力

   

歌の職人 礼真琴

今までの作品を見ても、歌の力量はよくわかりますが、職人と思わせたのが、4月に放送された仙名彩世のサヨナラ番組でのデュエット。

仙名彩世の希望で共演

以前から二人は一緒に歌えたらいいねと話していたそうです。

仙名は、サヨナラ番組で、なにか好きな事をしていいと言われ「また、こっちゃんと私 歌っていないと思ってこの機会に是非!」ということで申し出たそうです。

「楽屋まで伝えに来てくださったんです!そのことを仙名さんが!」

仙名が1期上という関係のせいか、緊張気味で姿勢も言葉もちょっと硬めの礼真琴。

選んだ曲は ファントムの’HOME’

クリスティーヌとファントムが歌声で出会う場面の曲

ファントムが大好きすぎてすり切れるほど見たという礼真琴

仙名と1度きりのデュエット

しっとりとした中に凛としたものがある仙名の声

優しさにあふれた透明感のある礼真琴の声

若くて真っすぐな心をイメージさせるファントムになっていました。

:「デュエットでハモるのがすごく好きだから・・・ビブラートさえも、こう、こっちゃんの・・・」

:「そろえたくて」

とふたりは手をヒラヒラ。

お互いのビブラートまで合わせるとなると、相手に寄り添う気持ちと相応の力量がないと成立しません。二人一緒の練習期間はそうなかったはずなのに、出来上がりのクオリティーの高さ。まるでデュエットダンスを見せているよう歌は、ただ「歌が上手」という表現では足りない、まさに歌の職人。

アカペラのトトロや歌企画で沢山聞き惚れたけど、’HOME’は、はるかに上を行ってました。

ダンスは得意分野 

お芝居は、シリアスから紅ゆずる仕込みのお笑いまで幅広く。それこそ何でもこなしてますよね。

仙名彩世:94期首席入団

礼真琴:95期首席入団

   

優等生の舞空瞳

2018年秋の花組全国ツアー・メラノリックジゴロでダニエル(柚香光)の相手役フェリシアになったとき、すごい娘が出てきたと思ったので、星組への次期トップ娘役としての組替えも納得です。

メランコリック・ジゴロ

図書館で新聞を綴じる場面:乙羽映見と二人のお芝居なのだけど、毎回アドリブを考えていたという乙羽。綴じる場面だけでも、ネジを落として拾わせるときがあったと思えば、さっさとネジを締めてしっかり上司を演じたりする乙羽。(アドリブと思わなくて、あ。ネジ落とした!!!どうするんだろってドキドキしながら見てました)それにしっかり付いていった舞空。すごいと思った瞬間でした。

若いお役設定だったので、歌の音域が高め。よくあるキンキンした感じがなく、表現もしっかりしていて(柚香光とのデュエットも任せられると)安心して聞けました。

ショーの中で、リズムだけで踊る場面があります。長年そのダンスをやってきた人と思わせるような身のこなし。幼い時からダンスを習ってきたという強みですね。

お芝居・歌・ダンス なんでもできる優等生

舞空瞳:102期首席入団

   

首席×首席

何を持ってきてもそれなりにこなしてしまうと思うんです。

舞空瞳の歌の表現力もかなりあるので、コンビ円熟期にはファントムをやって欲しいと思います。雪ファントムが濃厚ベイクドチーズケーキなら、礼真琴の星ファントムは、キラキラジュレがのったラフランスのムースみたいな感じになるでしょう。

 

それぞれの魅力が合わさって、どんな化学反応を起こすのかとても楽しみです。

まずは「食聖」から二人を見ていきましょう☆

 

 

 本日もお越しくださりありがとうございます

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 
宝塚歌劇団ランキング