きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

「青い薔薇の精」ちょこっと感想「シャルム」編

青薔薇のちょこっと感想の次は「シャルム」について

 

みりおちゃんの魅力炸裂のショー

f:id:motimoti00:20190922013946j:plain

フランスの地下を舞台にということで、地下愛好家・カタフィル6人がフルフル・華ちゃんに誘われて地下へ。

地下は、怪しくも美しい世界。

孔雀の黒羽根と青紫の衣装、みりおちゃんだけ赤紫のお衣装で ひときわ美しく、歌にも力が入っていて、本当に酔いしれます。

某ホストさんの言葉を借りるなら

「みりおちゃんか みりおちゃん以外か」

色のコントラスト、フォーメーションでそういった演出が沢山あります。

群舞で、れいちゃんの背中を押してという場面

れいちゃんに「大丈夫」と言っているようにも見える。だいぶ前に、みりおちゃんが れいちゃんのことを「早くから2番手の羽を背負って大変だったと思う」と話していたのを思い出して、胸が熱くなりました。

カタフィル6人のガイコツの場面

ガイコツの扱いが上手!っていうのも変だけど、場が和みます。

レジスタンスれいちゃん

表情、ダンス、力強くて良かった!

Theme Songシャルム!

イントロかかるだけで気持ちがあがります。ずっと聞いていたい。

華ちゃんと みりおちゃん

群舞のところで華ちゃんを迎える演出は素敵なんだけど、デュエダンが短かったような気がする。

みりおちゃん最後のショー

世界の中心に みりお あり。これに尽きる演出。

稲葉太地先生のコメント・公演パンフより

みりおちゃんと共に退団する娘役、芽吹 幸奈・白姫 あかり・乙羽 映見・城妃 美伶についての言葉がありました。とくに心に響いたのが「架空の男役という存在の横に娘役としてどう並ぶのが美しいのか?そのことを追求し続けた城妃 美伶」稲葉先生、ですよね!!って激しく共感しました。

本日も訪問ありがとうございます

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

 

     

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村