きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

「青い薔薇の精」あの作品とそっくり!植田先生そういうことなの?

  

「A Fairy Tale-青い薔薇の精-

先行画像やポスターが出たときは「青い薔薇の精・明日海りお」にそれはそれは狂気にも似た賞賛と期待がありました。

f:id:motimoti00:20190823163501j:plain

でも実際に公演が始まってからはどうでしょう。お芝居に対する反応が鈍いような気がします。

「CASANOVA」「モテ男・明日海りお」を演じたので同じような作品はできないのはわかります。

男役としての最後のお芝居

高慢な妖精・人間には見えない

モテ場面はシャーロットの「大好きよ」

明日海りおが~゚゚(゚´Д`゚)゚・・・・と消化不良を起こしておられる方も多いと思われます。

ちょっとおさらいしましょう。

青薔薇ざっくりストーリー

①ハーヴィーが荒れ果てた庭で青い薔薇の精と出会う

②時代遡り・幼いシャーロット、おてんばで元気いっぱい

バラの精・エリュがシャーロットに恋をする(掟を破る)

③ロンドン・ハーヴィー、ヴィッカーズ社

④エリュとハーヴィー

⑤母を亡くしたシャーロット結婚しても不幸

⑥ハーヴィー、庭再建・シャーロット探し

⑦庭のオープニングセレモニー

⑧ラストシーン

何度も反芻しているうちに

あの作品と似ているって気がついたんです。

   

あの作品と比較

青文字:あの作品

①ハーヴィーが荒れ果てた庭で青い薔薇の精と出会う

死者と夢見人たちの夜の世界

裁判の場面 ルキーニ登場・トート現れる

②時代遡り・幼いシャーロットは、おてんばで元気いっぱい

バラの精・エリュがシャーロットに恋をする(掟を破る)

少女シシィに一目惚れするトート

禁じられた愛のタブー

③ロンドン・ハーヴィー、ヴィッカーズ社

革命を起こすハンガリーの人たち

④エリュとハーヴィー

トートとルキーニ

⑤母を亡くしたシャーロット結婚しても不幸

浮気する旦那・息子をなくす・孤独

⑥ハーヴィー、庭再建・シャーロット探し

キッチュ・運動・病院etc

⑦庭のオープニングセレモニー・ラストシーン

白い衣装・光の中に立つ二人

もうお分かりですね

「エリザベート-愛と死の輪舞-

対比作品

稲葉太地先生が作・演出された「シャルム」

明日海が花組トップスターになって初のレヴュー「宝塚幻想曲(タカラヅカ ファンタジア)」との対比にも注目してほしいとコメントがありました。

確かに、時を経て成熟さが増してこれぞ男役の集大成というレヴューになっていると思います。

植田景子先生も、トップ就任初の作品「エリザベート」と対比されたのではないでしょうか。

だとすれば、「一人の少女に心奪われ、自身の愛を貫く」ベースは同じ。

トートは誰からも「好き」「愛してる」と言われない(むしろ陰で言ってる方)

客席みんなトート・エリュに心を奪われてる。

なるほど、「対比」にすれば全てが納得できます

f:id:motimoti00:20190902235108j:plainf:id:motimoti00:20191021111422p:plain

 

「青い薔薇の精」を「エリザベート」との対比作品として捉えれば、消化不良も少しは治まるかと思われます。

画像が出たときに

似てる!似てる!

最初も最後も人間じゃないんだ!

って言ってたのがそのままだったという事ですね。

 

本日もお読み下さりありがとうございます☆ 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
 

        

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ