きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

三宅純 世界的有名な作曲家が楽曲提供 宙組「FLYING SAPA -フライング サパ-」

     

すごいニュースです!

三宅純が楽曲提供!

本当に凄いです!

正統派ジャズあり

大人の雰囲気あり

民族っぽいのもあり

三宅純、とにかくカッコいいのですよ。

有名なところで☟

リオ・オリンピック閉会式

「君が代」

一度聞いたら忘れられない独特のアレンジ 

NHK動画

 この独特な歌唱


Ghost in the Shell 攻殻機動隊 (1995) OP

ブルガリアンヴォイス

「フライングサパ」

禁じられた地球の詩

こういう感じでもかっこいいですよね。

 三宅純 プロフィール

1958年生まれ62歳

2002年にロバート・ウィルソンと仕事をしたのがきっかけで舞台作品にも関わる。

2005年に拠点をパリに移動

日野皓正に見出され、バークリー音楽大学に学び、ジャズトランぺッターとして活動開始。以後、作曲家としてもCM、映画、アニメ、ドキュメンタリー、コンテンポラリー・ダンス等多くの作品を手掛ける。3000作を超えるCM作品にはカンヌ国際広告映画祭等、受賞作多数。ピナ・バウシュ、ヴィム・ヴェンダース、ロバート・ウィルソン、フィリップ・ドゥクフレ、オリバー・ストーン、ジャン=ポール・グード、大友克洋らの作品に参加、異種交配を多用した個性的なサウンドは国際的賞賛を受けている。2005年よりパリに拠点を設け、アルバム”Stolen from strangers(‘07)”、“Lost Memory Theatre act-1(‘13)”、“Lost Memory Theatre act-2(‘14)”は仏独の音楽誌で年間ベストアルバム賞・音楽批評家大賞等を連続受賞。ギャラリーラファイエット・オム「2009年の男」に選ばれ、パリの街を三宅氏のポスターが飾った。主要楽曲を提供したヴィム・ヴェンダース監督「ピナ/踊り続けるいのち」は2011年ヨーロッパ映画賞でベスト・ドキュメンタリー賞受賞、2012年には米・英のアカデミー賞にノミネートされた。リオ・オリンピック閉幕式における、斬新な「君が代」のアレンジが話題に。
近年手がけたサウンドトラックに、「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」「嘘はフィクサーのはじまり」「浮世の画家」人間失格:太宰治と3人の女たちなどがある。

 ◇◇◇

 昨年は、星組公演『GOD OF STARS-食聖-』で、J-POP・アニメソングをはじめ、映画やゲーム音楽まで、幅広いジャンルの楽曲を提供しつづける音楽クリエイターのヒャダイン氏とのコラボがありました。

今年は三宅純ですか。

グイグイと攻めてきますね。

「フライング・サパ」ポスターから渋カッコイイ感じが溢れているので、楽曲も楽しみです!

 

本日もご訪問ありがとうございます!

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


     

f:id:motimoti00:20191224224950p:plain

 宙組ほかの記事

www.junmiyake.com