きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

退団記者会見で改めて思う 望海風斗と真彩希帆の強さ

      

別々に行われた退団発表会見

2020年2月18日

望海風斗

ホテル阪急インターナショナルで行われた退団会見

金の屏風の前に設置されたテーブルには白いバラとユリの花。

真彩希帆

兵庫県宝塚市内で退団会見

宝塚広報パネルをバックにテーブルにはピンクと白の花が飾られていた。

それぞれの会見で小川理事長が横につきご挨拶。

真彩希帆の会見での言葉

小川理事長:望海と真彩のコンビ、歌声は、私の知る限りでは宝塚歌劇団の最高峰と言いますか、こういうトップコンビができたこと、理事長をさせていただいておりますが嬉しい限りです。

望海風斗 退団を決めた時期

壬生義士伝の公演中

舞台の袖で、組のみんながキラキラして舞台に息づいている姿をみて心が震えた。

望海:何か尊いものを見ているような感覚があって、涙がスーっと出てきた瞬間があった(ショーの時)。その時にふと、あ、、そういうことなのかなって感じましたし、ものすごく幸せな気持ちになった。毎日幸せだったんですけど、何とも言えない幸せな瞬間がありまして、そういうことなのかなって言うのも1つのきっかけとなりましたし、自分が目指してきた「男役」の集大成が「ONCE…」でお届けできるんじゃないかと感じたので決断しました。

参考

明日海りお 退団発表   2019年3月19日 

『20世紀号に乗って』   2019年3月22日~4月7日

『壬生義士伝』宝塚大劇場 2019年5月31日〜7月8日
      東京宝塚劇場 2019年7月26日〜9月1日

退団を決意する

CD『GIFT』収録      2019年2月27日~7月17日

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』制作発表会 9月27日

真彩希帆に退団の意思を告げる  

「はばたけ黄金の翼よ」  2019年10月12日〜11月10日

明日海りお退団                   2019年11月24日

『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』

   宝塚大劇場 公演   2020年1月1日~ 2月3日

雪組  東京公演集合日     2月13日 聖火ランナー決定

組子に退団を告げる    2月16日

退団記者会見       2月18日

東京宝塚劇場公演     2月21日~3月22日

『NOW! ZOOM ME!!』

文京シビックホール      4月30日~ 5月10日

神戸国際会館こくさいホール5月23日~ 5月28日

 『f f f -フォルティッシッシモ-』

  宝塚大劇場                        7月17日~ 8月17日

  東京宝塚劇場                     9月4日~ 10月11日

望海風斗・真彩希帆 退団 10月11日 

    

組子に退団を伝えた時

退団会見の二日前、2月16日

望海:東京(宝塚劇場)のお稽古が終わったあとに伝えまして。。まず私がみんなに伝えるときに、すっごい早い退団ブルーが訪れまして、伝えるまでの数日がすごく辛くて、言ってしまったらカウントダウンが始まってしまうなっていうのと、皆と作品を作れなくなってしまうんだという寂しさが押し寄せてきまして、伝えるときにみんなの顔が見れなくて私が先に泣きました(笑)

真彩希帆に退団の意志を伝えた時期

9月27日(金)宝塚歌劇雪組公演 ミュージカル『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』の制作発表会のあと、望海風斗から話をした。

「ご一緒」真彩希帆

真彩:私自身辞めるときは望海風斗さんとご一緒・・・できたらご一緒がいい。

ご一緒してもいいですか?

ご一緒したらご迷惑ですか?

一緒に辞めさせて頂くのと、そうでないのとでは、全く変わったものになるのだろうなと思ったので、私もご一緒にやめていいですか?とお聞きしたところ、望海さんが「そういうふうに言ってくれるのであれば、私も本望です」と言ってくださってすごく嬉しかったです。

 

 

www.asahi.com

この記事の画像

晴れ晴れとした笑顔で、とってもいい表情!

昨年退団したトップお二人の退団会見は涙の会見でしたが、だいもんの会見は、神妙な表情で始まりましたが、笑う場面もあって、涙のない会見でした。

望海風斗が一番大きな転機となったのは組替え。「ドン・ジュアン」の経験が、<これでいつ辞めてもいい>という感覚で毎作品取り組んでいくきっかけになった。と、組替えについても触れました。

真彩希帆は、組替えの話になると涙する場面もありました。

5組全部まわったのはすごいと周りの者は簡単に思うけど、本人の心境はとても計り知れないものがあったんでしょうね。

会見の中で感じたのは真彩希帆の「居場所」

雪組の娘役であること

憧れ・尊敬する望海風斗の隣にいること。

「ご一緒」するために並々ならぬ努力をしていること。

真彩希帆「最後まで望海さんに寄り添い、同じ方向を見て歩んでまいりたい」

望海風斗:「相手のことを思いながら・応援して下さる人のことを思いながら成長して行き続けたいと思います。」「最後の日まで男役を楽しんでいる姿をお届けしたいと思います」

退団に向けて、これからますます進化していくんでしょうね。

 

ジェンヌあるあるですが、二人とも痩せこけているのが気になります。

怪我や病気・新型コロナウイルスに負けないよう、最後まで無事に駆け抜けて欲しいです。

2月21日から始まる『ONCE UPON A TIME IN AMERICA』 東京宝塚劇場公演、退団発表があってすぐ初日。

生徒も観る方も、感情が高ぶりすぎて凄いことになりそう。

 

本日もご訪問ありがとうございます。

ランキングに参加してます!

 にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ