きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

「龍の宮物語」瀬央ゆりあ に魅せられました。

   

2019年11月28日~ 12月9日バウホールで上演された音楽奇譚『龍の宮物語』

5月15日、スカイステージで放送されました。

指田珠子先生の宝塚バウホール、デビュー作品。

上演が決まった時からタイトルに惹かれ、実際にある夜叉が池にまつわるお話を調べたりしていましたが、指田先生の描かれる「龍の宮物語」。その世界観に今も心臓は捕まれたままです。

f:id:motimoti00:20190905202709j:plain

音楽奇譚『龍の宮物語』

※ネタバレ注意※

プロローグ

登場人物の総出でわくわく。

龍神兄弟のビジュアルの高さ。

チーム人間界とチーム龍の宮

チーム龍の宮の一人ひとりが濃い!

この画面は伊予部清彦(瀬央ゆりあ)が見る不思議な夢。

幼い頃の清彦が池のそばで一人の女性と出会い言葉を交わす。ぐるぐると世界が回り消えていく。清彦は夢から覚めると涙がこぼれている。

島村家

書生を多く抱えている実業家。

百合子(水乃ゆり)ヴァイオリンが得意。縁談話が出ている。

書生たちの百物語

島村家の書生仲間たちとの百物語で清彦(瀬央ゆりあ)は「夜叉が池」の怪談話を知る。

山彦(天華えま)は面白くない顔をしている。清彦に「池には近づくな」と言うが聞き入れてもらえず、清彦は肝試しに池へ行ってしまう。

池のほとり

山賊に襲われている娘に遭遇した清彦。殴られた末、持ち合わせのお金を全て渡し娘を助ける。娘はお礼に清彦を池の底の龍の宮へ連れて行く。

場面展開

龍の宮の場面・人間界の場面

流れるような切り替わりで、どんどん引き込まれていきます。

龍の宮の笹丸(澄華 あまね)のお衣装や清彦に向けての「ここにいてはいけない」の台詞に「千と千尋の神隠し」のハクのイメージが。。チーム龍の宮の他のメンバーにもアニメのキャラが所々被って見えます。

美しすぎる龍神(天寿光希)は「生贄」にされた玉姫(有沙瞳)のことを1番大事に思っている。

玉姫は、自分のことを恐れ逃げていった男が許せずにいる。その子孫までも恨み呪っている。

呪いをかけられ池から戻った清彦。

30年の時が経っていた。

30年後の人間界

関東大震災、世界恐慌の後の世界

清彦の心情、玉姫への思いが増していく。

龍の宮

塞込む玉姫、龍神との関係にも陰りが。

そこから悲しい結末へと一気に転げ落ちていきます。

     

◇◇◇

玉姫は龍神からも思われ、清彦からも思われるという、とても羨ましい状態になるわけですが、憎しみと同じくらいの愛があるとしたら、その後の行動も理解できます。

登場人物の愛の方向性が面白く、龍神の兄弟間にも複雑な思いがあるようです。

島村家の書生で親友の山彦、解釈しだいで見方が大きく変わってきます。

それぞれの愛があり、それぞれの行動が主人公を動かしている。

その結末どうなるのか・・・。

伊予部清彦 瀬央ゆりあ 

声も動きも何もかもが「清彦」。さらに清彦の心の痛みがダイレクトに伝わってきて切ない。お芝居の巧さ、歌の上手さ、せおっちの溢れる魅力に圧倒されました。

龍神 天寿光希

ゆるぎない美しさ、貫禄。声を張らず静かに静かに感情を乗せていくお芝居を、最近観ていなかったようで、とても惹かれました。

島村政光/銀山 美稀千種

百合子の優しい父親と、強面の銀山の二役。両極吹っ切れていますが、悪役の方が楽しそうに演じておられるのではと思いました。

玉姫 有紗瞳

f:id:motimoti00:20200519005429p:plain

now on stageを見ていても思ったのですが、玉姫としてもくらっちとしても清彦せおっちに惹かれていますね。せおっちが魅力的過ぎるから仕方ないですね。

龍神 弟 天飛 華音

プロローグの登場から目が釘付け。

常に兄を慕うイケメン。

     

音楽奇譚『龍の宮物語』

見事なくらいハッピーエンドではないお話ですが、大劇場作品とは違い、一人ひとりの個性や魅力が充分に発揮されている作品です。

場面のメリハリの付け方、観ている者の心の揺さぶり方、指田先生の次回作にも期待してしまいます。

星組新トップコンビお披露目作品『眩耀の谷~舞い降りた新星~』で3番手となった瀬央ゆりあ。これからの活躍が楽しみです。

 

本日もご訪問ありがとうございます。

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ