きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

『エル ハポン-イスパニアのサムライ-』観劇 トラブルの日

     

宙組公演

東京宝塚劇場 

娘が行ってきました。

大劇場の方は私が行ったので東京は娘。

東京宝塚 お飾り

f:id:motimoti00:20200111210432p:plain

お飾りもお正月らしく華やかですね。

大劇場では「赤」のお飾りでした。

スターさんがインタビューで立たれるところ。

f:id:motimoti00:20200111210649p:plain

公演ポスター

蒲田春道 真風涼帆

f:id:motimoti00:20200111210607p:plain

 Iwatani (真風涼帆のスポンサー)

踊るCMの「カセットフー」だけでなく

お水も扱っていますと、ゆりかちゃん、しっかり宣伝してます。

f:id:motimoti00:20200111210718p:plain

 「FLYING SAPA」

ライフルの宣伝ではありません。

過去を探す男 真風涼帆

f:id:motimoti00:20200111210747p:plain

以上

東京宝塚 真風涼帆のポスター3種盛りでした。

     

1月7日 18:30公園

イスパニアのサムライ

起承転結、わかりやすいお話で

「面白かったぁ~」

というのが娘の第一声。

花組・雪組は、思い入れが強すぎて楽しめない時もあったり・なかったりするんですけど、宙組さんに対しては素直に楽しめるという母娘の共通点。

お芝居の始まり、鬼剣舞の場面

使節団を送り出す

仙台・牡鹿半島月の浦

勇壮な鬼剣舞は、赤と紺の表と裏の色が違う扇子を持って舞います。

口元を隠すマスク(仮面)も独特な雰囲気を出しています。

群舞での見ごたえもありますが、

扇子を投げる人、キャッチする人

ここが決まるとテンションが上がります

センターのそらくんはバッチリ決まりましたが、

扇子を受け取れなくて落としてしまった子がいたんです。

受け取れなくても、舞や場面的には問題はないのですが、扇子の表裏の色が赤と紺の色違い。そこが合ってなくて変に目立っていたんです。

マスクをしているので、表情はわからなかったようですが、娘は「もし自分なら・・・キツイよなぁ」と思って一生懸命拍手したそうです。

ツッコミポイント GALLERYより

使節団出発時

蒲田治通含め皆さん

侍らしい服装と髷を結っています

f:id:motimoti00:20200113184425p:plain

1年かけてスペインに到着

こんなに変わる~~~???

マント着けちゃって、髷もない。

f:id:motimoti00:20200113184622p:plain

よくみたら蒲田治通だけが

西洋ものをふんだんに取り入れて

1人だけ馴染みすぎ。

f:id:motimoti00:20200113185143p:plain

次はアレハンドロききちゃん

f:id:motimoti00:20200113204815p:plain
コテコテのスペイン人なのにウエスタン

蒲田治通にとって良い人なのか?

蒲田治通を自分に都合よく利用してる気が・・。農場主ドン・フェルディナンドよりも策士なのかも。

終盤、治通のピンチに登場する時に、ちゃんと着替えてから登場するのは、最後に自分が全てをかっさらっていくためとしか思えない。

つまりは主役並に美味しい☆

ウエスタンスタイルで気持ちよ~く歌うアレハンドロさん

f:id:motimoti00:20200113190658p:plain

ここのフラメンコ女子

髪型の作り込みに気合が入っています。

そこも注目して欲しいです。

アクアヴィーテ

1月3日にNHK BSプレミアムで宝塚大劇場で12月に録画されたものが放送されました。

そのおかげで、今回のトラブルのあった場面がどこだったのか、録画と照らし合わせることができたので、わかりやすかったです。

f:id:motimoti00:20200111210839p:plain

続きは次回。

 

本日もご訪問ありがとうございます。

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


 

   

宙組カテゴリー