きぬもちブログ

ヅカヲタダイエッタの宝塚ブログ 

「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」 宝塚大劇場千秋楽ライビュの感想①

    

宝塚大劇場千秋楽おめでとうございます!

ムラ千秋楽のライビュの感想まとめてみました。

ネタバレ注意

f:id:motimoti00:20200105214101p:plain

脚本・演出 小池修一郎

ONCE UPON A TIME IN AMERICA

原作は濃いギャング映画ですが

見事に「宝塚」の作品となってますね。

ネタバレになりますが

いろいろな「愛」の形が描かれていて

物語の本筋は、ヌードルスの初恋物語のように感じました。

◇◇◇

 個人の感想として見てください。

ヌードルス 望海風斗

f:id:motimoti00:20200106004004p:plain
ローワー・イーストサイドのユダヤ移民

貧しさゆえに女の子は芸事を身に付け

男の子は危険な組織と繋がり必死に生きる

デボラと戴冠式ごっこで

「皇帝」「皇后」になると言ったところから

将来成功した自分のそばにはデボラがいる

そんな幸せな未来予想図を描いてたと思います。 

それぞれが夢を実現させようと

頑張った結果が必ずしも幸せになるとは限らない

f:id:motimoti00:20191231230836p:plain

ヌードルスは、デボラを高級リムジンで迎えに行き

レストランを貸切り、

戴冠式ごっこの時に話していたバラの部屋を用意し

宝石が散りばめられた冠をプレゼント。

ところが「愛の形」をデボラに受け入れられなかった上に、自分の元から去ってしまう。バラが特別な花になってしまう。

憂さ晴らしに行ったハバナでも

飲んだくれただけで、女に走らず。

銀行襲撃から25年

ずっと胸にしまっていた想い

「デボラ一筋」でいたところがイイ!!

仲間を殺されて激昂した結果

人を刺して殺してしまったけど

マックスと比べたら、全然「いい人」だね。

 最後にヌードルスに残ったのは

「時の中に閉じたバラ」と「懐中時計」

イケコのいうとこの「悲哀」

だいもんのセリフのような歌い方や

苦悩のみせ方も最高に良かった。

     

デボラ 真彩希帆

f:id:motimoti00:20200107222301p:plain

歌い方が更に進化・深化!

とても丁寧に感情をコントロールしてますね。

お芝居にどんどん引き込まれていきます。

「皇后」になる

ヌードルスを降って夢を現実のものにした後

財団の理事になって、マックスと関係を持ったりとなかなかの女性。

ヌードルスに悪いことをするなと言ってたのだから、ひっそり真面目に暮らしている壮年期のヌードルスは理想の姿だったと思うんだけど。

ヌードルスの愛を受けつつスターになって夢を叶え

マックスの愛、あとニックもデボラのことが好きだったと思う。

ヌードルスを振って

ハリウッドスターをやめて

マックスも失う

デボラが手に入れたものって何だったんだろう。

色々と考えますね。

マックス 彩風咲菜

f:id:motimoti00:20200106004038p:plain

何か吹っ切れた?

ヌードルスと初めて出会う場面の

子供だけど策士な感じから

悪事経験を積んで顔つきが更に変わっていく感じ

お芝居がすごく良くなってた。

成功のためには手段を選ばない

キャロルもデボラも、つかの間の栄光も

ヌードルスとの友情も

欲しいもの全部手に入れてる。

でもその先に待っているのは・・・。

さきちゃん、マックスのようにガツガツしたお役の方が、合っているような気がします。

◇◇◇

全体の力量・レベルの高さに圧倒されました。

まだまだ語りたくなる作品です。

 

本日もご訪問ありがとうございます。

ランキングに参加してます!

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ


  

   

 ④まであります。よろしければどうぞ。

motimoti358.hatenablog.com

motimoti358.hatenablog.com

motimoti358.hatenablog.com